×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



このHPができるまで、と題した雑談。
話題が全然Historyじゃない。

この様なデザインになった理由



どちらかと言うと小さく纏まった物が好きだったりする。このHPが小さく纏まっているかは別として。 でも今までの適当フレームページよりは遥かにいいと自分では思うんですが。
あといい加減CSS少しくらいまともに使ってみようと思ってたのもありますね。
とか言いながら各コンテンツを表示するこのスペースは結局iframe定義という。
コンテンツ表示切替る度にページの全項目リロードになるのがなんか嫌いなんですよ。
CSSでもやろうと思えばできるんでしょうか…。場合によっては以後仕様変更があるかも。


Age of Infinityの由来



知ってる人は知ってるんですが、私が最初にやったオンラインゲームはUltima Onlineです。
UO時代に友達が入っていたギルド名に近かったりするんですよこれが。
そのギルドは私がUO始めた時には既に無かったんですが、友達や元メンバーの話を聞いたりした時「すごく楽しそうなギルドだなぁ」と強く思ったのをはっきり覚えています。
本当に楽しいギルドに入ってた人がそのギルドについて語ると、その説明してる方も楽しそうに話す事が多い気がします。
次々と話が湧いてくる、話したい事が多いということはそれだけいい思い出が多いという事。

名前が近いのは、そのようになれたらいいなという意味もあったり。

以前Age of Infinityという名前でギルドを持ってましたが、基本的に気のむくままに行動したい私にとっては荷が重過ぎました。
ということでこの名前をギルドではなくHPにつけて、ギルドだけに限らず、RO人生や友達の事を自分から他人に話したくなるようなそんな思い出を作れたらいいなという思いを付けてみた。


ちなみに、いつになるか分かりませんがAoIギルドとしても一応は復活させようと思ってます。活動はしませんが。
個人的思い入れという意味も含め、ギルドに入ってないキャラを入れておくくらいの感じで。
Lisaサーバーであまり動いてないキャラいるんだけどギルド無いと寂しいと思ってる方いらっしゃいましたら言ってくだされば。まあ無いとは思うけど。入っても知り合い数人くらい?



コンテンツフォント



実は私には一人、好きなグラフィックデザイナーがいまして。
その方はとにかく機械、デジタルチックなデザインを得意としてて超カッコイイんですよ。
まあ簡単にいうこのHPのコンテンツとかHPネームのフォントデザインは、言ってしまえば真似事。

上のAge of Infinityの文字とかコンテンツの文字画像は全てペイントツールで自作だります。ちなみにこのHTMLファイル編集はメモ帳。手作り感バリバリ!!!!1
流石にそろそろHTML編集フリーソフトDLしようと思ってますけどね。
あと、最初は左のコンテンツ一つ一つをGIFアニメにしようと考えていたんだけども。
まあやろうと思えばできるのかな?
今後なるかもならないかも。


βテスター



実は当HPを公開するに際し、ごく少数人に事前にレイアウト等確認をしてもらういわゆるクローズドβテスト(!)が存在した事実。
必要なのかどうかと思われるかもしれませんが、私は事前テストで見てもらってよかったと思ってます。いやほんとに。
初期デザイン(Ver1.00)だとレイアウトずれてるし文章左右の余白が無いし文章間隔無くて読みにくいし背景真っ黒で文字真っ白だと目痛いしetc。
多分事前テストなかったらこのまま公開してましたね。

特に文章読みにくいのは結構気づきにくいんですよ。
一応私自らも読みにくくないかと思って再確認したりはするんですよ?
でも見にくいと言われたのは何故かと言うと、文章を書いたのはもちろん私だから、自分では再確認で読んでると思っていても脳の中には文章が既にあるから、なんだかんだで目を動かしてるだけで本当に流しくらいでしか見てないんですよ。
頭の中に内容が全部あるから、少々見づらくても読めるように思える。なのでこれから初めて内容を読む方、若しくは確認したい部分があった方等の、頭に文章が入ってない方にとっては見づらいレイアウトである事に気づきにくいという結果に。
しかも、流しでしか見てないと確認時間が短いので目の負担にも気づかない。改めて1から読む方は当然読む時間も長いわけで、真っ黒の背景に真っ白の文字の文章を長時間読むのは目が痛いと気づくわけです。


HPに限らずある物を作成した時は、「完成!」と決めつける前に必ず動かしたり見てみたりする事、そして必ず動かしたり見てみたりしてもらう事。
改めて大事だなと思わされた一瞬でした。テスターの方々、有難うございました!